テリオスキッド(TA-J131G)の実走行燃費データ記録~2WD FR MTなら稼げるハズだから記録を残す

中古で購入から600kmちょい走ったので、2回目の給油をしました。徐々にこの車のエンジン特性と駆動系のロスの感覚が分かって来つつあります。慣れればもう少し良い燃費を引き出せそうな気がします。

長期的に給油と走行距離のデータを記録して平均燃費をデータ取りして残す事にしました。手間はかけず満タン法でデータを取るので、正確な計測は行わず給油時にトリップメーターをゼロにして次回の給油時に給油した給油量と走行距離をメモするだけです。

毎回給油量にはバラつきがあるので(毎回キッチリと同じ量を入れれば別ですが)個々のデータはさほど正確では有りませんが、長期的に集めて「累積」したものから「平均燃費」を算出すれば正確さを増して来るハズです。何しろ大量の燃料とトータル走行距離から算出する燃費なので給油のバラつきは無視できます。

燃費計測データ

給油する度に追記していきます。買い物の足に使ったりして市街地走行パターンが増えてバラついて来たので平均燃費18KM/Lはなかなか実現しませんでしたが、コツコツデータとしてまとめています。平均燃費で17KM/Lは達成出来ているので重い車体とターボエンジンからすると上出来でしょう。

考察

繰り返しになりますが満タン給油には多少の誤差が生じるので一回ずつの燃費は目安です。平均燃費を求めるのが目的です。

今の所19.06KM/Lが最高なので、データを累積した結果、平均燃費17KM/L以上走っていると言う事がわかります。最近の車両だと燃費も計算してくれますが旧車のテリオスキッドには燃費計は付いていないので手作業でこまめにデータ集計するしかありません。

いずれも70km/h制限の自動車専用道路を一部使っているのでマイペース(メーター読み75km/h程度)をキープ出来れば燃費は良くなります。この速度だと後ろから煽って来る輩がいるので空気を読みながら速度調整してますが。

もちろん信号機の多い市街地を流れが悪い昼間に走ると燃費は落ちます。また自動車専用道路はスピードを出し過ぎるとターボの効果は現れますがエンジンの回転数が上がるので燃費が落ちます。トルクの盛り上がりが4,000rpmだったと記憶しているテリオスキッドのエンジン特性は、3,500rpm(75km/h)辺りからモリモリ元気が出てくるので調子に乗ってアクセルを踏み過ぎない様にしています。

私の用途では、週末の夜間帯に高知市~四万十市の一般公道で移動をメインとするので、交通の流れが良く燃費15KM/L以上キープは狙い通りです。だいたい16~17KM/Lはキープ出来ているので燃費が悪いと言われるテリオスキッドにしては上々でしょう。やはりMT車でFR(2WD)というのはロスを最小限にしていると思います。重量的に不利なので無駄なエアロも付けていません。

テリオスキッドはこの車を手に入れる前に会社から借りていたインタークーラー付の4WD/AT(J111G)で一年ほど行き来していたので比較が出来ます。明らかにインタークーラー無しでMTで2WDは燃費が良いです。

会社のテリオスキッドでは大人しく乗ったり、そこそこのペースで走らせたり色々試しても安定して13KM/L程度の燃費でした。せこせこ運転もしてみましたが燃費が向上することはアリませんでした。個人的な経験ではATでは乗り方を変えてもあまり変化がないという印象です。

なお、知人も4WD/ATのテリオスキッド(J111G)に乗っていますが通勤用途メインの市街地走行で10km/L程度と燃費はかなり落ちるそうです。やはり日中は信号にひっかかったりと燃費面では不利になります。

個人的な感想としてはJ111Gは4WD特有の駆動系ノイズ(ギュイーン音)が大きいのが感覚的に嫌でした。比較して2WDであるJ131G(インタークーラー無し)はこの手のノイズがほとんど無く普通の軽自動車レベルのノイズという感じです。駆動系のロスが燃費を下げているのも大きいでしょう。

テリオスキッドのATはレスポンスは遅いものの余計なことをせず比較的好みに合うフィーリングだったのでその点は気に入ってはいたのですが、ハッキリ言ってウルサイし燃費も良くありませんでした。会社の車で色々車種がありあれこれ乗ってますが、個人的には日産車のATはフィーリングが合わない印象を持ってます。その点テリオスキッドのATは悪くないフィーリングです。

テリオスキッドのタンク容量は40Lらしいので消費が35L程度から燃料残量警告が点滅して夜中の走行(田舎はGSが閉店している)では心配になります。

私が今回手に入れたテリオスキッドはインタークーラーナシ、2WD/FR/MTなので乗り方によっては4WD/ATに比べて2~3KM/Lは稼げるだろうと読んでいたので狙い通りです。

高知市~四万十市の距離が片道104KM程度。燃費13KM/Lの場合、2往復で104×4=416KM程になるので32L消費です。残り8Lとなると田舎道の夜間走行では冒険出来ません。それ以上走るとエンプティ警告が点滅して非常に気になります。

しかし確実に燃費17KM/L走ってくれるなら、2往復してもまだ10L以上残っていて余裕があるので行き来以外に使っても余裕があり、余裕を持って給油出来ます。四万十市よりも高知市の方がガソリンの単価は3円ほど安いので高知市内で給油したいですし。

私の場合は主に夜間に移動するので、途中でビンボーモードになると田舎道では営業しているガソリンスタンドが無くてヒヤヒヤものです。一度10L携行缶を持ってガス欠するまで走らせてみたい気もします。

MTの場合、いざという時は本当にシビアなケチケチ運転で距離を稼ぐ事も出来るので、エンジン特性を読み、上手く場面に当てはめつつ、スムーズに走らせる事で微妙な所を狙えます。早くエンジン特性を把握して上手く操り、平均燃費19KM/Lを実現してみたいものです。慣れれば19KM/Lも不可能ではないのでは?と思ってます。

性能ギリギリの辺りで燃費をコツコツ稼ぐにはもちろん道路をスムーズに走らせて少しずつのロスを減らすのも重要です。無駄なアクセル、ブレーキを踏まない(車間距離を開ける)のは基本中の基本ですね。

当分、無駄なく上手く走らせる事を意識して退屈な通勤時間を有意義に使えそうです。まだまだこの車のことはわからない事だらけですから徐々に分かって行くのは楽しみです。

もちろん軽量化すればより楽に燃費を稼げると思うのですが(後部座席を外すとか)、実用性が下がるのでそれは保留しておきます。MT車は元気良く走らせたり、大人しく(セコく)走らせたり、乗り手の癖によっても燃費がかなり変わるので面白いです。

2019年7月7日追記

エンジンの癖、ギアの特性等、この車を効率良く走らせるコツも掴んできて、いつも通りに乗ってるのに燃費が伸びずに少し落ちました。恐らく蒸し暑くなってエアコンを作動させる事が多くなったせいだと思われます。が、大幅に落ちてないのはまあそういう事なのかなと。この感じでコンディションを維持出来れば夏が終わって秋には平均燃費18KM/Lも可能じゃないかな?と思ってます。

2019年7月21日(日)追記

雨降りが続いていて普段より慎重な運転をしていたせいか、420KM走行時点で燃料計の針が普段よりも残量多く指していたので、給油は四万十市に着いてからにする事にしました。

結果的には満タンからの燃費19KM/Lを達成してしまいました。まだ平均燃費は遠く及ばずです。遅めの給油を意識してみたので燃料が少なくなった軽さも関係していると思われます。スペック通りならタンク容量は40Lなので10L残っているのであればもう片道(104km)走れる計算になります。

少しでも軽い車体で走ると重くて登り坂が苦手なテリオスキッドでも燃費追求に有利なのはいうまでもありません。まだ工夫の余地ありだと分かりました。余計な荷物は載せないのが基本。やはり車体重量が重いので軽量化が一番効果が有りそうです。スペアタイヤを下ろしておくだけでも伸びそうな気がします。

過去記事一覧

“テリオスキッド(TA-J131G)の実走行燃費データ記録~2WD FR MTなら稼げるハズだから記録を残す” への1件の返信

よかったらコメントを残してください

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください