結構育ったでしょ!レッドウィング8268~ASTMならではの脱ぎ履きしやすさ

昨年5月に買ったレッドウィング8268(ASTMだけど)ですが、10ヶ月以上経ってようやく馴染んできました。毎日履いている訳じゃないですから革が柔らかくなるまでに時間かかりました。ぽてっとしたシルエットは8268っぽくありませんけど馴染んでいるから気に入っています。

日々のメンテナンスとしては、基本的にはブラッシングのみで、初期の頃に内側の柔らかくなって欲しい部位に少しだけミンクオイル塗り込みした程度です。

以前は右足の甲で骨が突起している部分が痛くなってたけど(私の足って甲高?)、最近はそう言うことも無くなりました。痛くなっていたところの皮膚が強くなったのかも知れませんが(苦笑

仕事で荷物を運んだりする際に、つま先をゴツゴツと当てたりして結構汚れてしまいましたが、ブラッシングするとそれなりに汚れは取れるので一年近く無神経に履いた割には薄汚れ感程度で済んでいると思います。黒っぽい汚れは何故か取れないのですがコレの原因は何だろうかなぁ?

ムース状のスエード専用のレザークリーナーがあるので、それを使えばこの黒っぽい汚れも取れるかも知れませんがまだ実行していません。もうちょっと汚れてからでもいいかなと思っています。

足首部分はすっかり馴染んできましたので、足首を動かす際の違和感は無くなりました。革の状態もそんなに悪くはなっていません。

もちろんPT99の2268を知っている足としては、フィット感が落ちることは否めませんが、もはやコレはコレで脱ぎ履きしやすいし、愛着もわいてきているし手放せない感じです。

ズボンの裾を被せるのでベルトなんか見えないので、ASTMは位置が高くてカッコ悪いとか関係無いですし、ASTM不人気で安くなるならもう一足買おうかなと思ったりしています。

私は歩き方が悪いらしくどんな靴を履いてもヒールの外側がかなり削れますが、基本的にスクーターで移動する事が多いので、2268程は徒歩で酷使しておらずヒールもまだまだ健在です。レッドウィング・ブーツのヒールはそれ自体がかなり高価なので、交換する場合は工賃を含めると結構な金額になります。ちょっとセコいけどなるだけ削れない様に意識して歩こうと思います。

案外歩き方っていうのは意識するのは重要らしいですね。その甲斐あってか、それとも年齢のせいか、それとも右足を痛めたせいか、若い頃はひどかったO脚が最近マシになってきました。脚力(筋力)の衰えもあるかも知れません。

まだまだ活躍してくれることは間違いないブーツなので、ずっと付き合っていこうと思っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください