テリオスキッドのマイナートラブル~大雨の時にワイパー劣化による拭き取り不良でやばかった

テリオスキッドで自宅と職場との週末移動をする様になってもう少しで4ヶ月になります。移動は夜間になるので暗い夜道を走ることになりますから、前方の視界はやっぱり確保して置かなくてはなりません。

仕事先に移動してからは車はほぼ使わずに駐車場に停めているので、常日頃から車を使っているかというとそうではありません。週末の移動のためだけに買った様なものです。

梅雨に備えてフロントとリアのウィンドウには、水を弾きやすくするスプレーを塗布していましたが、梅雨本番で雨量が多くなってきました。先日も夜間に車で帰宅する際、雨が振りましたがかなり強い雨でに見舞われました。

そしてワイパーブレードの劣化を否応なしに実感することになりました。特に右カーブで対向車が来ると対向車のライトの眩しさで前が見えにくくなります。おまけにフロントガラスに残る雨水で乱反射して非常に見づらくなります。

今回は、おまけに高速道路の一部区間が点検のために通行止めとなり、久礼坂を走らなくてはならなかったこともあり、下り坂のコーナーで前が見えなくてヒヤッとさせられる瞬間がありました。これは根本的に対策しておかないとまずいと感じ、お店に買いに行くのが面倒だからと後回しにしていたワイパー交換をしておくことにしました。

ワイパー(替えゴム)を交換する

テリオスキッドの場合、替えゴムの交換であれば、2つのワイパーを交換しても2,000円でお釣りがきます。ワイパーブレードは消耗品なので安全の確保のためには安い投資です。拭き取りが甘くなったと思ったら早めに交換した方が良いですね。

しかし、今回は替えゴムだけではダメだと判断しました。というのも中古で買ったテリオスキッドですから、アームのブラック塗装が剥がれてサビが発生している部分があります。サビはみすぼらしいですしなんとかしたいと思っていました。

とりあえず替えゴムを交換してみるのも手ですが、面倒なのでブレード一体で交換することにしました。ワイパーブレードはフロントガラスに押し付けているので、金属製とは言え変形などの老朽化が出てくる可能性があります。剛性が落ちていると拭き取りが甘く偏摩耗の元となるので替えゴムをしょっちゅう交換しなくてはならなくなり結果的にコスト高となりかねません。

ワイパーブレード一式を交換する

今回はワイパー一式を交換することにしました。手軽にオートバックスで入手です。オートバックスは取替工賃は無料で替えてくれるらしいですが、工具も要らないワンタッチ構造、これくらいのことは自分でできるので自分で交換して、要らなくなったものはスタッフに頼んで廃棄して貰いました。

替えゴムの交換であれば1本千円以下ですが、一式となると1,500円位はかかりますので二本交換すれば3,000円以上かかると思います。拭き取りが甘くなったと感じているなら替えゴム交換でなく一式で交換すると拭き取り性能が戻ります。

サイズについてです。

現物を見てもテリオスキッドのワイパーは運転席側の方が長く、助手席側はかなり短いです。車種によってワイパーの長さは違うので購入する時は要確認です。

オートバックスの場合は売り場に備え付けのカタログの互換表で確認して間違いないサイズをチョイスします。ワイパーのカタログによるとテリオスキッドには平成12年式を境に、2種類のサイズがあるらしいです。自分の車の年式がはっきりしない場合はワイパー部分を取り外してお店に持ち込んで比べてもらうと確実でしょう。

交換は工具も必要としないので手が汚れることを気にしなければ誰にでもできる作業だと思います。ウエットティッシュ位あれば十分でしょう。

ちなみに替えゴムの交換はちょっと手間がかかりますが、ロック機構を解除して手元で作業できる様にすれば誰でもできると思います。要らなくなったものはお店でスタッフに頼めば廃棄してもらえると思います。

使わないときはワイパースタンドで立てておきたい

ワイパーはゴムをフロントガラスに押し付けて動かすことで雨水を拭き取る構造になっている為、ゴムがガラスに常時押さえつけられているという状態になります。この状態だとゴムが劣化するしブレード自体の消耗にも繋がります。特に真夏と真冬はゴムの性能を劣化させる季節です。

私の場合、過去に乗ってきた車ではワイパースタンドを使って普段はゴムをフロントガラスから浮かせておき、使用する時に自動的にスタンドが解除されるものを使ってきました。やはりその方が拭き取り性能を維持できる期間も長くなりますし、ワイパー部分にゴミが貯まらないので状態をよく維持できると思います。

今日はオートバックスで気に入るものを見つけられなかったので購入しませんでしたが、近日中にでもホームセンター等で見繕ってワイパースタンドを装着しようと思っています。やっぱり慣れた方式にして置きたいです。

雨弾きスプレーも併用すると便利

今回、オートバックスを訪れたついでに、油膜落としと、水をはじくスプレーコーティングも購入しました。油膜落としはクリンビューが昔からコスパ高いと思っています。

雨を弾くコーティングは各社から出ているので世間の評判でリサーチしてみる必要があると思います。レインXとガラコが有名でしょうかね。私はクリンビューのものを愛用していますが。

最後に

車を運転する上で視界の確保は運転技術以前に重要だと思います。前がしっかり見えない状態ではどんなに運転がうまい人でも事故に繋がりかねません。

視界の悪さは疲労にもつながるので手抜きできない部分だなと思っています。基本性能を維持するためにも、ドレスアップなんかよりキチンとお金をかけるべきなのでしょうね。ヘッドライトの球切れ(片目)とかもよく遭遇するけど、ほんま勘弁して欲しい。警察は整備不良でどんどん捕まえるべきだなと思いますよ。

追記

ワイパーを交換して雨粒を弾くコーティング剤を塗布したので、劇的に前が見やすくなりました。気分がいい程に視界がクリアーです。

おそらくワイパー替えゴムの交換だけではこうは行かなかったでしょう。一式交換も定期的に行う必要がありそうです。

惜しいのは、近くのコーナンのカー用品コーナーには、ワイパーは置いてたけれど、ワイパースタンドは置いてませんでした。カー用品店を回るか、通販で入手する事になりそうです。

コメントを残す