ミスターミニット(高知大丸店):高知市~市内で革靴の修理を依頼する先が分からないので先ずは有名なチェーン店に頼んでみる

革靴のヒール交換とソール補修の為、ミスターミニットに修理に出しに行ってきました。私の仕事用紳士靴とかみさんのブーツ合わせて二足なので少し金額はかかりそうですが、自分で補修する手間を省けたので良しとしましょう。

言われた通り預けてから1時間後に引き取りに行ったらちゃんと修理が終わっていました。

私の靴はヒールが削れてダメなので交換。更にソールが元々頑丈な作りではないところ削れて薄くなっていたのでソールに新しいソール(ゴム)を貼り付けてもらいました。ソールが薄くなっているのは想定外でした。

厚みはさほど変わりませんがクッション性が上がるので歩いても疲れにくくなるそうです。摩耗していた分「路面からの衝撃が足に響いてたと思いますよ」とのこと。

私の靴の補修費はソール+ヒール交換なので4,700円程度とやや高かったですがきれいに仕上がっています。履きなれて気に入っているのでまだ履き続けられるのは嬉しいです。

かみさんのSENDRAブーツは、ヒールが削れて剥がれかけていたのでそれを交換してもらっただけで価格的には安く上がりました。(2,000円弱)

やっぱりセンドラのブーツは頑丈ですよ。デザインもいいし私も、かみさんもセンドラブーツはお気に入りが多いです。

余談ながらミスターミニットは全国展開している上に社内で技術研修なんかもやってるので、技術者の腕の善し悪しはある程度平均化されていると聞きます。今日、実際の仕上がりは綺麗にできていましたので次からもお願いしようと思いました。

お店によって腕の差はあるね

以前全然別の靴屋さんで修理してもらった事がありますが、(道具は無いけど)自分でやった方が綺麗なんじゃないかなって思える位の仕上がりだった事がある ので、技術者の社内でスキルアップをやってるのは信頼できると思いますね。見た目だけじゃなく機能的ににもしっかり仕上げて貰わなくてはなりませんからね。

実際、かみさんのSENDRAブーツはゴムの部分が完全に削れてしまい、革積み上げの所が少し削れていました。どうなるんだろうかなとちょっと気になってはいたのですが上手く斜めにカットされたであろう素材をはめ込んで隙間なく仕上げてくれていました。多分これがなければ数百円安く上がったんではないかなと思います。

どうせなら早めに修理に出した方が靴にも優しいし財布にも優しいですね。靴を長く(経費を抑えて)愛用するにはこまめなメンテナンスが必要です。

なお、ついでにこのお店で「レッドウィング・セッターのソール交換」が可能か相談してみましたが、セッターのソール交換はメーカー修理(取り次ぎ)になるそうです。

店員さん曰く、交換用ソールの柔軟性と糊の強度が色々と課題だそうで、交換(貼り付け)してからしばらくすると反って剥がれてしまう事があるのだそうです。

単純に交換するだけじゃダメって事らしいですから、レッドウィングの靴修理を専門的にやってるお店に依頼するか、メーカーに取り次いで貰って修理をお願いするのが確実ですね。ヤフオクでビブラムソール等に交換してくれる出品もありますが、長期的な評価をみてみないと軽はずみには頼めないかな。

高知市内で他の靴修理屋さんを知らないので、セッターの修理が可能な店が無いか、今後もぼちぼち情報収集して行こうと思います。レッドウィングの靴は頑丈だから一度ソール交換した位では寿命は尽きませんからね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください