Debian GNU/Linux xfceでUSBオーディオインターフェースを使う〜何の苦労も無くRubix22とUR22mkIIが使用出来た

昨日届いたsteinberg UR22mkIIがWindows環境できちんと動作するのを確認出来たので、どうせならLinux環境でも使いたいと考えていました。ついでにRoland Rubix-22も動作するか確認してみます。

リサーチ段階では、結構苦労するかも知れないという感じでしたが、結果的にdebian GNU/Linux 10(Buster)xfceでは接続するだけでオーディオ入出力が可能でした。あっさり認識してくれました。

ただ、私の実際の検証においては、検証環境として使っているOracle VirtualBox(仮想マシン)の不具合で、遠回りさせられたので検証にはちょっと時間がかかりました。

仮想環境で動かしたdebian上ではオーディオインターフェースをきちんと認識しており、PulseAudioでレベルゲージも振れているのにオーディオインターフェースから音が出ないという症状でした。Oracle VirtualBoxにおいてUSBコントローラー周りのエミュレートが上手く出来ていない様です。まぁ仮想環境なんてそんなレベルだと割り切るしかありません。やはり実機で検証するのが確実ですね。

PulseAudioは正常に動作しているので、次にALSAに不具合が有るのでは無いか?とコマンドを叩いて調べて行くうちに「何も問題は無いんじゃないか?」という結論にたどり着きました。そして仮想環境での検証を諦めてdebian実機に接続してみたところ、あっさり動作してきれいな音を奏でてくれました。

最初から実機に接続すればトラブルはなかったでしょうが、Oracle VM VirtualBoxが信用出来ないということは学習出来たので遠回りした価値はあったと思っておきます。

正直いってOracle VM VirtualBox(バーチャル環境)のことは信じていなかったので、もしかしたら「上手く動作しないのは仮想環境のせいでは?」という疑いの気持ちがあったのは幸いでした。疑いを持ってなければ泥沼にハマって時間だけを浪費してしまうところでした。

debian busterに標準装備のPlusAudioで認識

結論として、steinberg UR22mkII、Roland Rubix22のいずれも、USBケーブルで接続するだけできちんと認識してくれました。

「PulseAudio音量調節」を起動して一番最初に確認したいのは「設定」タブです。ここにオーディオデバイスがリストアップされます。

下図で言う「内部オーディオ」と「Audio Device」というのは、いわゆるオンボードのサウンド機能です。オンボードはノイズが多くショボいので快適に音楽を聴くために今回の様な外付けのオーディオインターフェースを使います。

上図の3つ目に「Steinberg UR22mkII」として認識されています。通常はプロファイル:アナログステレオデュプレックスとしておけば良いでしょう。個人的な好みで言うと、使わないオーディオデバイスは「オフ」にしておくと混乱しないと思います。

入力装置というのはUR22mkIIのマイク入力のことです。きちんと認識していてUR22mkIIに接続したマイクに話しかけると、レベルゲージが振れて動作してくれました。問題ありません。

一番使う「出力装置」です。私の場合はLINE OUTPUT(L/R)からBOSE 1705アンプに接続して、JBL CONTROL1というスピーカーを鳴らしています。必要にして十分にキレイな音で鳴ってくれます。ダイナミックレンジもしっかり確保できておりノイズは聞こえません。PCで再生する音も使える様になったなぁと思います。

Debian上でFirefoxを起動してYouTube動画をストリームさせると、「再生」タブに下図の様な項目が現れてレベルゲージが振れます。Firefoxを終了させるとこの項目は消えますので、PulseAudio向けにオーディオデータが流れてくると項目が現れるという仕組みです。

dmesgコマンドを叩いてみると認識してくれていることがわかります。

Steinberg UR22mkIIが認識されている

今の所Linux環境でMIDIインターフェースを使うことは考えていないのでそこは未確認ですが、認識は出来ている様です。LinuxでDTM(DAW)を使いこなすとなると色々覚えなくてはならないことが増えるらしいのでDTMはWindows環境とAndroidタブレット(Roland Zenbeats)で十分かなと思っています。

参考のためにRubix22の状態も

下図の様にきちんとRubix22が認識されています。オンボードのサウンド機能は「オフ」しておくのが私なりのシンプルな考え方です。有効として残しておくのも各自の好みで良いでしょう。

Rubix22でもアナログ入力(マイク入力)がきちんと動作しました。

肝心のアナログ出力も問題なしです。PC上で発生する音はRubix22に向けて送られるのでRubix22から音が出ます。ヘッドホンでも良し、外部アンプ+スピーカーでも良し。

FirefoxでYouTube動画を再生してみると、やはり同様にAudioStreamとして項目が現れレベルゲージが振れます。

最後に

ちょっと心配はしていましたが最後に整理すると、debian GNU/Linux Buster xfce版で検証した限りは、Steinberg UR22mkII、Roland Rubix22はUSBケーブルで接続するだけでオーディオ入出力インターフェースとして機能してくれました。何も難しいことや追加することはありませんでした。いずれも「USBクラス・コンプライアント」対応機器です。

どうやら「USBクラス・コンプライアント」に対応しているオーディオインターフェースやDACならLinuxでもすんなり認識してくれるんじゃないかと思われます。比較的安価なUSBオーディオインターフェースとして「Behringer(ベリンガー)」なんかもありますし、PC内蔵のサウンド機能よりも品質の良い音を再生するだけならUSB-DACを手に入れても良いかも知れません。動くという保証は出来ないのでリサーチ必須ですが・・

用途として、例えば、退役した古いPC等に軽めのLinux(個人的にはdebianをオススメしたい)をインストールし、ハイレゾ・オーディオ再生環境にするなんてのも良いかも知れません。多くのLinuxディストリビューションに標準で入っているオーディオプレーヤー「Audacious」の出力を32bitに設定する程度でもイージーリスニングには十分だと思います。

ちなみにdebian 10(buster) xfceの場合は「Audacious」は最初はインストールされていないのでパッケージを追加してやる必要がありましたが、インストールはSynapticからでも行えるので誰でも簡単に出来ますね。

各自用途に応じてオーディオインターフェースを追加すると快適に音楽を聴ける環境が出来たり、録音や配信環境が整うので便利です。1万円台でこの品質のデバイスが手に入るなんて良い時代になったなぁと思います。昔はおもちゃみたいなものでも4~5万円は当たり前だったからそれだけ需要が広まって商品開発の競争が強くなったという事なんでしょうね。

ローランド USBオーディオインターフェイスRoland RUBIX-22

ローランド USBオーディオインターフェイスRoland RUBIX-22

15,990円(02/28 17:43時点)
Amazonの情報を掲載しています

よかったらコメントを残してください

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください