VPSサーバーのOSをDebian9から10のアップグレード~MySQLをMariaDBに変更し少し速度アップ

当サイトはVPSにdebian GNU Linux、Apache+MySQL環境でWordpressを使っています。

3連休の初日なので、一番優先度の高いことから始めようと、VPS上のOSをDebian Gnu Linux 9から10にアップグレードすることにしました。連休初日に作業するのは想定外のことがあると予定より時間が必要になるからです。なんとしても連休中に済ませなくてはなりません。

今回の一番の課題は、我慢しながら使い続けてきたMySQLからMariaDBに変更することです。とは言ってもかなり高いレベルで互換性が保たれているので、トラブルに遭遇しなければすんなりと移行できるはずです。

Debian 10の検証(お遊び)は後回し

実は連休中にDebian 10のデスクトップ環境をいじって遊びがてら検証してみようと思っていたのですが、VPSの方を優先して作業することにしました。

Debianは安定志向のディストリビューションであり、長年使ってきているので結構信頼している部分があります。私のVPSでは凝った使い方をしている訳でもありませんし、そのままアップグレードしても問題ないと判断しました。何よりもトラブルの多いMySQLを止めてMariaDBへの移行を早く終わらせたい。

MariaDBのエンジンでDBパフォーマンス向上

今まで、MySQLを我慢して使い続けてきましたが、MariaDBに移行を終えて積極的な不具合修正や機能(性能)向上の恩恵を受ける準備が整いました。

MySQLには細かな不具合があっても、Oracleがなかなか対応してくれないなどの不満があったので、この機会にMariaDBに移行できてよかったと思っています。

大手もMySQLからMariaDBに移行させていますし、SunがOracleに買収されて以来MySQLも進化を停止してしまったので(Oracle DBの競合になるから潰されたと考えている)、MariaDBの一ユーザーにようやくなれたことを嬉しく思います。Oracleは好きではないので。

MariaDBの性能のおかげで当ブログのレスポンスも向上してモッサリ具合が少し改善されたと思います。あとは安定して動き続けてくれることを願います。

コメントを残す