古いデスクトップPCにDebian xfce i386版をインストール〜有線LAN環境が無いのでWi-Fiアダプター(TL-WN725N)で使う

仕事先でウィークデーに寝泊まりしている部屋にWiMAX環境を手に入れたので、少し自分の時間を作ろうと工夫をしています。つまらないTVを観て過ごしても時間の無駄です。

自宅で余らせているワークステーションを持ってくることも考えたのですが、年度単位で仕事先が異動になる可能性がありこの部屋を引き払うことも想定して置かなくてはならないので、機動性を確保という意味もあって余っている古いデスクトップPCを持ってきました。車に載せて運搬し小脇に抱えて車から部屋までぶ手間があるのでこれだけでもかなり違います。自宅に持って帰ることも考えておかないといけませんし。

当然退役パソコンなのでマシンスペックは低いです。

Core2 Quadでメモリーは4GBと心もとない感じはありますが、ここは軽く動作するシンプルなLinuxを選ぶのであまり心配をしていません。Debian xfce i386版を使用することにしました。debianは知名度は高くありませんがUbuntuのベースはdebianです。つまり順番で言うとdebianがあるからUbuntuが存在するという訳でベースとして採用されるからには信頼性の高さ、汎用性の高さが評価されています。安定志向でやや玄人向けですけどね

さてLive版をダウンロードしてUSBメモリーからインストールし、日本語入力等の必要な設定をして必要なアプリをSynapticでインストールすれば常用環境は出来上がりました。

問題というか課題はネットワークです。ネットワーク接続がWiMAX環境ゆえ有線LAN環境が無いので全てWi-Fiで済ませなくてはなりません。デスクトップPCなのでWi-Fiは標準ではついていません。

若干不安もありましたが、Linux稼働の実績があるというtp-link TL-WN725Nをアマゾンで700円ちょっとで購入しました。チップはRealtekらしいのでなんとかなるでしょう。やってみるしかありません。

PCは先述のとおり、Core2 Quadの古いマシンです。ここでストレージをSATA HDDにするとストレスしか感じなくなるので、120GBのSSDを使用します。とは言ってもこれはお下がりで、Windows 7環境で使っていてWindows 10に移行させた時に余ったものを再利用します。

実用的な面で言えば、動画編集やらをしない限りは120GB有れば十分だと思っています。なによりdebian xfceを選びますし、しかもi386版なので容量は少ないです。少なくとも急速に肥大しまくっているWindows 10に比べればコンパクトなものです。

USBメモリーにISOファイルを保存しておいたものからPCを起動してインストールを行います。各種試してみようと思って準備をしておいたのですが、面倒になったのでxfceを選びました。以前xfceは以前試したことがありますからね。

USBポートの規格が古いせいで起動からインストールまでもっさりと待たされましたが無事にインストールは終了。結果的にはメモリーが4GB実装されていたのでamd64版を入れておいた方が良かったかも知れません。まぁそんなに違いは無いだろうしi386版のシンプルさを享受できると期待してこのまま使うことにします。

TP-LINKって中華製なのか・・

深く考えずにamazonで注文したので届いてから知ったのですが、TP-LINKって中国のメーカーだったんですね。最近PC業界から離れているので全然知りませんでした。一抹の不安が・・・まぁ大丈夫でしょう(と思いたい)

本当に小さいのでこれで電波飛ぶのかな?と思う位に頼りないですが隣の部屋にWiMAXルーターをおいているので問題なく使用できると思います。

それよりも課題はdebianがTL-WN725Nを正しく認識するか?です。

やっぱり認識しない・・いや認識はしているな

Wi-Fiアダプターを認識していれば、debian xfceの場合は右上にアイコンが表示されるはずなのですが出てきません。認識に失敗している様です。

そこでターミナルを起動して
sudo dmesg

と叩くと認識しているデバイスの情報が表示されます。TL-WN725NはRealtekのチップが使われているという情報は掴んでいたので探してみると、
Product: 802.11n NIC(r8188eu)という風に認識はされています。

ここまで認識しているのにうまく起動しないということでおぼろげに思い出したのは、debianのパッケージリポジトリとして標準ではnon-freeが含まれていないということです。debianのパッケージリポジトリをスマホで検索チェックすることにしました。

検索してみるとsid-non-freeで目当てのものが見つかりました。どうやらファームウェアはインストールされていない様なのでインストールしてやる必要があるみたいです。

しかし困ったことにまだネットワーク接続できていない状態です。ここだけはやむを得ないのでネットに接続できるスマートフォンでなんとかやることにしました。幸い使っているスマートフォンはUSB-HOST機能付きなので手持ちのUSBメモリーを接続して保存することができます。

USBメモリーに「firmware-realtek_20200919-1_all.deb」を保存してからdebianが動いているPCに接続て読み込みができるようにしました。

dpkg -i firmware-realtek_20200919-1_all.deb

コンフリクトが生じたみたいなメッセージが出ましたがインストールはできたみたいなので気にしないことにします。とりあえずネットに接続できないとaptコマンドが使用できません。aptが使えないとdebianは話になりません。

TL-WN725Nを抜き差ししてみると、画面右上にWi-Fi接続を促すアイコンが表示されました。Wi-FIのSSIDとパスフレーズを入力してやると無事にWiMAXを通してネットに接続することができました。

あとは先のページに書いてあったとおり、non-freeをリポジトリに追加してやってSynapticで追従できるようにしておくことです。私は素直に従うことにしました。これから使い続けていく先のこともありますからね。一応引用しておきます。

Debian を使用している場合、パッケージのダウンロードやインストールはこのウェブサイトから手動で行うのではなく、aptitude や synaptic のようなパッケージマネージャを用いて行うことを強くお勧めします。
次のような行を /etc/apt/sources.list に追加して、以下の一覧にあるミラーのうち使いたいものを利用可能にすべきでしょう。

deb http://ftp.de.debian.org/debian sid main non-free

ftp.de.debian.org/debian を使いたいミラーに置き換えてください。

リポジトリnon-freeをSynapticで参照できるようになって簡単に内容も確認できるようになりました。先に答えを知ったあとでの答え合わせみたいなものですが、有線LAN環境があるならいちいちUSBメモリーで読み込ませる必要もありませんね。(下図参照)

これでめでたく旧型デスクトップ機+TP-LINK TL-WN725Nを使ってインターネット接続が可能になりました。あとはdebianのお手軽なパッケージ管理コマンドやSynapticを使って環境を整えられます。

debian live版で日本語入力環境

debian live版を使ってインストールしたので日本語入力環境が整っていません。以前それは自分でやった記録を撮っていましたから簡単にセットアップできました。(でも文字ではなく動画にしていたんだった・・)

自分で動画を作っておいてなんですが、文字の方が手っ取り早いな・・と思いました。絶対その方がわかりやすいですね。動画は手間がかかる割に急いでいる時に知りたいところがどこか分かりづらくまどろっこしい。

“古いデスクトップPCにDebian xfce i386版をインストール〜有線LAN環境が無いのでWi-Fiアダプター(TL-WN725N)で使う” への1件の返信

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください