GIMPでトリミング~高機能な無料の画像編集ソフトは若干癖ありなので慣れるまでは大変ですが扱える様になれば無敵

先日は、Photoshopでのトリミングと、Google Picasa3でのトリミングをご紹介しましたが、Photoshopは普通の人は個人で気軽に買えるような金額じゃないですし、Google Picasaは手軽だけど「帯に短い」ような状態。

GIMP2

フリーウェアの画像処理ソフトGIMPを今回はご紹介です。個人的には自宅ではGIMPか、Fireworksを使っています。(職場ではPhotoshopCSとFireworksです)

※この記事はWindows環境での事を記していますが、GIMPはUNIX/Linuxでも使用できるマルチプラットフォームなオープンソースソフトウェア(無料)なので、Linuxでももちろん使用出来ます。


さて今回は画像を550×350ピクセルでトリミングしたいと考えています。縦横比率は11:7でいいですね?しかしGoogle Picasaは任意の縦横比を設定できません。あらかじめ設定された縦横比から選ぶだけです。

#もしかしたらカスタマイズする方法があるのかも知れませんが・・

更に必要な画像解像度が、555x355ピクセルならどうでしょ?もっと細かく、552x352ピクセルならどうでしょ?どんどん縦横比を正確に出すのが難しくなりますね。こうなってくると縦横比の設定でトリミング出来るGoogle Picasaですが、ピクセルをピタリと合わせるのが容易ではなくなってきます。もっと柔軟性のある画像処理ソフトが欲しくなります。

こういう場面ではかゆいところに手が届くと言われるPhotoshopが理想的ですが、個人で購入するには価格が高すぎます。(画像処理ソフトはPaint Shop Proとか他にも色々とありますけどね)

しかしお金をかけられるのは仕事で使っているプロか、趣味にお金を投じられるハイアマチュア位のものでしょう。そこで今回のGIMP2の登場なのです。まじめに使いこなそうと思ったらとんでもなく高い山を登ることも可能なソフトウェアです。

今回のお題はトリミングだけなので単純なことしかやりませんが・・

GIMP2でなるだけ高解像度な元画像を開きます。今回は例なので550×350ピクセルの画像を作る作業です。

左にツールボックスがあります。赤枠で囲った部分にカッターのようなアイコンがあります。まずこれをクリックします。

すると下の方にトリミングの設定が出てきます。ここも赤枠で記しているので見ていただければ分かると思います。縦横比の設定を「550:350」にしました。11:7と同意ですね。

そして必要な画像の範囲を選びます。選択範囲が明るくなって、それ以外の画像範囲は暗くなっているので言うまでも無いですね。パラソルの辺りを11:7の比率でトリミングするわけです。

ENTERを押して確定させると選択範囲だけが残ります。この画像はおおよそ11:7になっているはずです。画像を名前を付けてデスクトップなどに保存しましょう。(私はデスクトップで作業する派です)

さて実際に切り出した画像はどうでしょうか?
684px × 435pxになってます・・・比率合ってるのかな?

もちろんGIMP2でも画像の縮小は出来るのでチャレンジする気がある人はがんばっていただくとして、目的地に達するのが先決なら、手っ取り早く縮小専用を使って550px X 550pxで設定して縮小をかけちゃいます。

縮小専用の設定は550px X 350pxでも良いのですが縦と横の関係を気にするのが面倒なの550px X 550pxでもいいです。楽な方がいいんじゃないですか?楽するためにパソコンを使ってんだから。

比較していただければ大きさが違うことが分かると思います。残念ながら550×349ピクセルになってしまい、目的とする550×350から、1ピクセル誤差が出てしまいましたがほぼ目的は達成かなと。

GIMP2はもっと高度なことができますがそこまでは触れません。興味のある方はサイトを訪れて隅々まで読んでみましょう。ある意味凄く便利な画像編集ソフトだということが分かると思います。若干癖あるけどね(w

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください